[DJI OSMO POCKET]うまい棒サイズで4K撮影できるジンバルカメラを買ってみたのでレビュー

その他








先ず「ジンバルってなんだ?」シンバルならわかる…という位カメラ知識ゼロの僕でしたが、YoutubeやSNSでみんなが「すごいカメラが出ちゃったよー!」って宣伝していたので調べていくうちに。これは絶対欲しい…!と物欲を掻き立てられポチってしまいました。

 

DJI OSMO POCKET

見た目は本当に『うまい棒』サイズのスティック型。

これで本当に高性能なのか??と疑ってしまうでしょう。

 

僕が気に入った点を説明すると

・小型なのでランニングやちょっとしたお出かけで持ち歩ける

・4K高画質録画可能

・ジンバル機能で手振れなしぬるぬる撮影できる

・iPhoneやスマホに接続してディスプレイにできる

・その他、タイムラプス、ストーリーモードが楽しそう

ひろ★ろん
このサイズに便利機能を全部詰め込んじゃったカメラ…と言えばいいだろうか

 

ジンバル機能がすごい

結局『ジンバルってなんなのさ』って思いますよね。iPhoneにも手振れ機能あるし…と僕も思っていました。

ジンバルとは、軸を中心に物理的にカメラを制御させる装置なんです。

説明が難しいので動画でこんな感じ。

 

ね?ヌルヌルカメラ部分が動いてるでしょ?この動きによって歩いたり車に乗っても振動を軽減してくれるんです。
外での撮影に持って来いですよね。

フェイストラッキングがすごい

簡単に言うと、写っている対象のモノの動きを追尾してカメラが勝手に追ってくれる機能…

自分でも何を言ってるか分らないのでこちらを見てみよう。

 

シンプソンズのマギーを追ってカメラが必死に追尾してるのがわかる。

つまりカメラマン無しでも動画撮影が可能と言うわけです。

 

スマホ接続で更に本領発揮!

スマホとドッキングすることにより、小さい本体ディスプレイをスマホにモニタリングできます。

接続することにより細かい設定や美肌、ストーリーモードと言った、オシャレなプリセット撮影が可能。(そのままSNS投稿もできる!)

まるでカメラアプリを使っている感覚で使用できます。

本体画面がかなり小さいので、操作しづらい方はスマホ接続での撮影がいいかも知れません。

 

まとめ

まだまだ書ききれないくらい機能がイッパイなOSMO POCKET。更にアップデートで機能もどんどん増えていくそうです。

カメラ耐性が全然無い僕でも惹かれる魅力がたくさーんつまっています。

特に女性やYoutuberやインスタグラマー、SNSをメインで使う方にはぴったりなカメラでした。

これからじゃんじゃん撮影しまくります。

 

【国内正規品】 DJI OSMO POCKET (3軸ジンバル, 4Kカメラ)
DJI (2018-12-15)
売り上げランキング: 266

オススメ記事